鬼鹿毛(horse014)
567aae0f3bcba97fbc00320f 567aae0f3bcba97fbc00320f 567aae0f3bcba97fbc00320f 567aae0f3bcba97fbc00320f 567aae0f3bcba97fbc00320f 567aae0f3bcba97fbc00320f

鬼鹿毛(horse014)

残り1点

¥33,000 税込

送料についてはこちら

【鬼鹿毛 –純なる献身–】 —鬼鹿毛の伝説—新座市の歴史 昔、秩父の小栗という人が、江戸に急用があって愛馬–鬼鹿毛–に乗り道を急いでいました。大和田宿に入ると鬼鹿毛は疲れがたたり、この場所にあった松の大木の根につまずき倒れてしまいました。しかし、鬼鹿毛は起き上がり主人を目的地まで届けました。所用を終えた主人が先ほど馬をとめたところまで戻ると鬼鹿毛がいません。不思議に思いつつも仕方なく帰路を急ぎました。やがて大和田の地にさしかかると、往路愛馬がつまずき倒れた場所に鬼鹿毛の亡がらを見つけました。鬼鹿毛は、亡霊となって走り、主人を目的地まで送り届けたのです。村人は、のちに鬼鹿毛の霊を弔って馬頭観音を建てたといいます。これが「鬼鹿毛の伝説」です。 サイズ:約24mm × 22mm(ガラス部分) 仕様:ペンダント 付属:革ひも+シルバーチェーン+ペンダント飾り台 材質:モレッティ(by Effetre)ヴェネチア/ムラノ島(イタリア)産ガラス 金属部:silver925 技術:ターコイズブルーからクリアに移行するグラデーションが美しい空に鹿毛の馬が躍動しています。しなやかで力強い筋肉の盛り上がり、なびいたたてがみなど躍動感あふれる疾走を表現しました。